103万の壁について

専業主婦やパートの方は必ず聞いたことがあると思います。

 

「103万の壁、130万の壁」

 

「聞いたことはあるけど、よく分かってない」

 

というあなたの為に、このページを作りました。

(ちなみにこ城も分かってませんでした。)

 

この2つの壁は、扶養の範囲となります。

 

・103万の壁(配偶者控除・所得税もかからない範囲)

 

ここで注意なのは、

 

103万円とは、給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を足したものです。

 

扶養に入る配偶者の収入(私の収入)が、社員・パート・アルバイトなどの「給与」であれば給与所得控除が使え、上限は103万です。

 

しかし、私がフリーランス(アフィリエイター等)で直接収入を得ている場合、

給与所得控除は使えません。基礎控除にあたる38万円が、所得の上限となります。

 

103万を超えてしまっても、「配偶者特別控除」という制度に該当する場合があります。

配偶者特別控除では、141万(フリーランスの場合76万)までの収入であれば、段階的に控除がある制度です。

 

上記のように、配偶者特別控除などがありますので、

103万の壁はあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

 

しかし、本当に危ないのは、130万の壁の方です。

130万の壁は、社会保険の扶養から外れてしまうラインのことです。

 

年収130万を超えてしまうと、夫の扶養から外れ、

自己負担で国民健康保険料や社会保険料を払わなければいけません。

 

この場合の負担は20~30万程度と言われています。

ようするに、130万を超えそうな場合は、160万以上頑張って稼がないと、世帯の収入は減少してしまう場合が多いようです。

 

扶養に入られている方は、

103万の壁より130万の壁を意識する。

もし130万を超えそうであれば、160万以上と覚えておくと良いと思います。

 

今まで書いてきた、扶養の話は、

「夫が社会保険に加入している場合」の話しです。

もしも、自営業を営まれていて

国民健康保険の場合は、「130万の壁」は気になくて良いようです。