Wordpress

インデックスされない原因はプラグインやった!?解決法を紹介

今回は私がドツボにハマった「サイトの記事がインデックスされない案件」の解決法ば紹介するばい。

 

投稿している記事がインデックスされないのは、単刀直入にいうとずばり「プラグインのバージョンアップ」のせいやったんよねー。

 

 

新しく更新した分が全くインデックスされない!ってわけじゃなかけん、また困りもんよねー。
インデックスされてるか確認する方法も紹介するけん、要チェックばい!

 

 

インデックスされないことで不利益になること

 

最初にインデックスされんと、どげん現象が起こるか確認しときましょ。

インデックスされんっちゅうことは、記事をWPで公開しても
Google先生が記事を認識して、読み込んでくれない。

 

ってことやけん、どんなに良い記事を気合入れて書いても
WPで投稿して公開しようがインターネット上に表示されてこんってことやね。

 

労力の無駄ってことになってしまうけん、まじで勘弁してほしか現象やね。

 

実はインデックスされてる記事もあるかも!?

インデックスされない!と勝手に思っていても、インデックスされていた記事もあったとよ・・・。お恥ずかしながら。

 

 

念のために新規で投稿した記事のどれが、インデックスされてインデックスされてないのかくらいは確認しとこうね。

 

実はインデックスされとるかも!確認方法を紹介

一番最初に確認してほしかことは、インデックス本当はされとるんじゃなかと?ってこと。

サーチコンソールでのインデックスされてるかっていう確認は、「どの記事が」インデックスされてるかまでは確認がとれんけんGoogle先生で手入力して確認する必要があるとさねー。

 

手入力って言っても、たった一言付け加えて、検索かけるだけやけん、簡単かばい。

 

ここで検索ヒットしなければ、インデックスされてないってことやけん、別の可能性も考えんといかん。

この確認方法は、いたって簡単。

 

 

Googleを開いて検索窓に「site:〇〇〇」と打ち込み、〇〇〇のところにインデックスされてるか確認したいページのURLを入力して検索するだけ。

 

 

検索してみると、画像のような検索結果として表示されるったいねー。
画像は私のサイトの記事を試しに打ち込んでみた結果ばい。

 

 

インデックスされないのはこうやって解決する!

インデックスされとらんか確認したけど、やっぱりインデックスされとらんやった・・・。って落ち込むことはなかばい。

 

ここから先も最低限だけ確認して、簡単な方法ば試していこうねー。

 

 

Google surch consoleのエラーがないか

 

インデックスされてないか、確認するツールとして「Google search console」
通称:サチコさんを使っとると思う。
このサチコさんの中に、エラー表示がでてないかも確認しとこう。

 

サチコさんにはGoogle先生のクローラーが巡回した結果も表示される。

ここでエラーがあると、何かしらの原因で上手くクロールできてなかったってこと。

 

ただし原因はいろいろあって、それぞれのエラーメッセージで対応は代わってくるけん、要注意ばい。

 

サチコさんのクロールエラーは開いた瞬間に分かるようになっとる。

 

サチコさん開いたら画像のように、「クロールエラー」の表示があるけん、ここでエラーの数が0になっとれば、エラー出てないよーってことやね。

 

私みたいに「エラー数〇」みたいな感じでかかれとったら、なにかしらの問題があってエラーが起こっとるってこと。

 

このエラーが起こっとるページも、どのページに起こっとるとか分かるように詳細なURLもあるけん、まずはエラー内容とページの確認ばしとかんばやね。

 

エラーのメッセージば確認したら、対処法ば探さんばいかんけど、これは先輩たちのお知恵をかりようね。

 

エラーメッセージをコピーしてGoogle先生にそのまま打ち込み。
そしたら該当するサイトがヒットするけん、そこを見ながら改善する。

 

今回、私の場合はこのクロールエラーは直接的な原因ではなかったけん、詳細は別記事でまた書きまーす。

 

 

Google XML Sitemapsのバージョンアップが原因だった

最初に気づけばよかったとけど、見落としとった場所。
いくつか原因が重なっとったとけど、サイトマップの送信が原因やった。

 

サイトマップって送信すると、画像のような感じで処理日とかが表示されるったいね。

 

でもここでサイトマップの送信されてるアイテムの数のグラフが下の画像みたいになってないかも確認しとってー。

 

 

最初のサイトマップと二つ目のサイトマップ、グラフの表示が違うやん。

 

二つ目になってたら、サイトマップの送信が上手くできてない可能性が高いけん、以下の方法でプラグインの情報とかば確認してみてー。

 

 

クローラー用のサイトマップを作成する「Google XML Sitemaps」っちゅうプラグイン。

かなりメジャーなプラグインやけん、あなたも使いよると思うけど、このプラグインのバージョンアップが原因かもしれんよ。
私がした対処法ば紹介しとくね。

 

1、Google XML Sitemapsのバージョン確認!

 

まず確認してほしかとが、プラグインのバージョン情報。
サイドメニューのプラグインの項目を選択してー。

 

 

 

Google XML Sitemapsの項目を確認。

 

 

このバージョンが4.0以上になってたら、原因の可能性が高い!

 

 

 

2、サイトマップを新しく送信

 

対処法としては、サイトマップを新しい形式で送信するか。
プラグインのバージョンダウンを行うかのどっちかやね。

 

 

バージョンダウンは、ぶっちゃけ面倒くさい。
今のプラグインを削除してー。

ひとつ前のバージョンを公式ページからダウンロードして。
FFFTPソフトを開いてー。ダウンロードしたものをアップする。

っていう手順らしかとけど、私は面倒くさかけん、新しいサイトマップを送信することにしたとさねー。

FFFTPソフト、ばり苦手かけん、出来る限り触りたくなくて”笑

 

 

新しいサイトマップを送信。っていっても、「sitemap.xml」をもう一回送信なんてしたらいかんばい。

 

ここで送信するとは「/index.php?xml_sitemap=params=」ていうサイトマップば送信する方法やけんねー。

 

サイトマップの項目ば開いたら、まずは右上の「サイトマップを追加テスト」ば選択。

 

 

 

そいたら新しかサイトマップば入力する項目がでてくるけん、さっきの/index.php?xml_sitemap=params=ばコピペして入力してねー。

 

 

 

 

テストボタンば押して、問題なければそのまま送信ボタンば選択。

 

 

 

ページ更新とかのメッセージが表示されるけん、更新してー。

画像みたいに新しかサイトマップが送信されとれば、ひとまず完了!

 

送信直後は「保留」の状態やけど、処理が行われてないだけやけん、数日後には表示も消えとるばい。
ちなみに私は翌日には消えとったけんねー。

 

 

正常なサイトマップが送信されて処理されれば、最終的にはこんな風になって、インデックスされるようになるけんねー。

 

インデックスされはじめたら、前のサイトマップば削除せんばやけんが、忘れんごとねー。

 

 

まとめ

今回はプラグインのバージョンアップが原因やったけど、新しかサイトマップで対処できて一安心!

 

これで改善できんやったら、私が確認した他の方法なんかもまとめてみるけん、そっちば試してみらんねよー。

(誠意作成中です。申し訳ない。)

 

サチコさんにエラー表示とか本当に怖い。
順位に直結する話になるけん、まじで早めに改善したかとに、対策方法がわからんかったらどうしようもなかよね。

 

意外と簡単なところに見落としとかのあるけんが、自分でも確認することにしようねー。

 

ABOUT ME
ぶな しめじ
このサイトの管理人です! 家族ですごしながら在宅ワークをしている九州のママ♪ ストレスと暑さに弱くお金と心の余裕を求めている毎日です!